バイナリーオプションの魅力を徹底解剖

基本的な考えはFXと変わらないバイナリーオプション

バイナリーオプションは外国為替市場の動き・方向性を予想するものですので、基本的な考えとしてはFXトレードとあまり変わりません。相場のトレンドや天井・大底などを把握してそれに応じた戦略をとっていくだけです。

2度おいしい指標トレード戦略

例えば、相場がよく動く指標発表の時間帯で取引するという局面を想定してみると一番わかりやすいと思います。要するに指標トレードですね。一番のビッグイベントである米国・雇用統計の発表時にパソコンの前に張り付き、取引ツールやティックチャート画面を開いておきます。

発表直後に円高に大きく動いたら「LOW」を購入します。このとき少しでも早めに購入できると有利になります。そして、たいていの場合、大きく動いた後に反発局面が訪れるので、そこで利益を確定し、ドテンで「HIGH」を購入します。

円安に大きく振れた場合はまずは「HIGH」を購入し、その後の天井にあたった寄り戻りの場面で「LOW」を購入します。このように1回の雇用統計時に2回の投資チャンスを得ることになり、指標発表時にうまくいけば通常よりも収益が跳ね上がるおいしい時間帯だということがわかります。

未来予想ツールを使ってみる

現在のFX業者では多くのところで無料で利用できる相場分析ツールを提供しています。最初は自分で相場を分析するのは至難の業ですからこういったツールを有効活用するのも初心者にとっては必要です。例えばFXプライムのぱっと見テクニカルは、ワンクリックで将来の相場の動向をパターン別に表示してくれます。ツールに示された未来の相場の動き方を参考にしながらバイナリーオプションで取引してみるのも面白いでしょう。